sevenwater

sevenwater

ミネラルウォーターの定義について

ペットボトルに入って店頭販売されている天然水と言えばミネラルウォーターを指す場合が殆どで、採水してから無加工のイメージがあるかもしれませんが、実際には違います。
日本ではそれらの水に4種類の定義があり、それぞれに、ナチュラル、ナチュラルミネラル、ボトルド、そしてミネラルと分かれています。
ナチュラルウォーターは殺菌、過熱、沈殿処理を行っただけの物を指し、ナチュラルミネラルは、ナチュラルウォーターに鉱物が溶け込んだ物や、天然のCO2が溶けている物を言います。
ボトルドウォーターは飲用に適した水、つまりは水道水などもこれも含まれます。
では、一般的に口するミネラルウォーターとは何か。
ナチュラルミネラル同様の殺菌や過熱処理が行われる他、他水源との混合、ミネラル分の添加、紫外線殺菌やオゾン殺菌など、各種の殺菌処理が行われた物を指します。
日本で最初にミネラルウォーターが発売されたのは1929年。
一般家庭に販売され始めたのは1983年で、この頃から認知度が上がりました。
90年代に入って輸入品が増えるに従い、国内生産品も販売数を伸ばし、現在、国内における生産地では山梨県が34%で1位を占めており、以下、静岡県、鳥取県と続いています。

ミネラルウォーターの人気の高まりと普及の傾向

水のおいしさ、安全、健康といった様々な観点から水道水を使用しないという傾向が強まってきました。
洗い物などのように大量に水を使う場合にはともかく、飲用したり料理に使用したりする場合にはよりおいしくて安全であり、かつミネラルが豊富で健康に良い水というのが求められるようになっています。
そのために人々はミネラルウォーターを購入して利用するようになりました。
日本で流通しているものの多くは天然水であり、天然由来のミネラルが豊富に含まれていることから毎日不足しがちなミネラルを補給していくことができるため健康のために役立ちます。
また、そのミネラルバランスによっておいしさが加えられるとともに、水質汚濁等が問題になっていない地域から手配されていることから安全性にも問題がないのが一般的です。
そのため、ミネラルウォーターの人気は高く、その種類も飛躍的に増えてきています。
そういった普及傾向を受けて、通信販売が広まったことによって重たい水を自宅まで運ぶ必要もなく多数のラインナップから容易に購入できる用になりました。
これにより、今後の飲用や料理用の水としてミネラルウォーターがより広められていく用意が整ってきています。

recommend

美しさを追及する方を応援します。

大阪 医療脱毛

モーニングコートや結婚式の衣装のレンタルならおまかせください。

モーニング レンタル

2017/9/6 更新

『ミネラルウォーター』 最新ツイート

@rakuten_web

余裕をもった健康生活を送るためには2.5Lをひとつの水補給の目安としましょう。 料理や野菜などに含まれている水分ではなく、水自体(ミネラルウォーター等)を1時間にコップ1杯飲むといいらしいですよ。このことを習慣化させると、脳梗塞が予防できるようです!

1分前 - 2017年09月21日


@kisechuhimro__

黄瀬くんと同じミネラルウォーターを愛飲してるよ

3分前 - 2017年09月21日


@ken_yahagigi

ミネラルウォーターは 飲めば飲むほどやせる。

4分前 - 2017年09月21日


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 sevenwater ALL RIGHT RESERVED